適当なことを書くブログ(仮)

適当なことを書くつもりです。

汚い話(なので読まなくていいのでは)

7月26日(日)から禁酒16日目


酒、飲んでません。
今日も、1日飲みません。(予定)


ですが、あんまり、体調が良くありません。
酒やめたら、体調良くなったなんて話を聞きますが、私の場合、パッとしません。
睡眠不足が続いてますから、しょうがないんですけど。
胃腸にきちゃって食欲不振です。
寝れないのと暑すぎる夏の疲れですかね。
頭痛はおさまりました。変な手の振えあります。
ボチボチ、心は平穏です。


酒やめてから、良くなったことといえば、朝の通勤タイムとその後ですね。
二日酔いの体をづるづると引きづりつつ、無理やり、会社に向かう日々。
どう考えても、体調がいいわけないんですが、
一番つらいのが、通勤電車内で唐突に襲ってくる、
(汚い話で恐縮です)便意と吐き気。
どちらも、強烈です。


(ここで断っておきますが、汚い話になりますので、そういうのがダメな方、および、お食事中の方は、ここから先はご覧にならないほうがよいかと)(忠告はしました)


途中下車してトイレに行ってる時間などなく、
もう、脂汗を流しながら、耐えるのみです。
タオルを口に当て、もし本当に吐いてしまったとき対策に
鞄のチャックを開け、(いざとなったら鞄の中に吐く覚悟)
肛門を引き締めた青黒い顔の青色吐息オヤジ。
45分の乗車ですが、毎日地獄ですわ。


爽やかな出社なんぞしたこともなく。
もちろん食欲もなく、
水でさえもうけつけないこともしばしば。
午前中は、廃人同然。
むりぐり、外出の用事をつくり、
どっかのトイレ(自社ではなく他社など)にこもっていることも多い。
サラリーマンはこんなんでも、時間通りタイムカード押しとけば、
なんとかなっちまうところが助かります!
しかも、営業ですからね。(都合のいいところは適応している)


そして、午後、ようやく、吐き気がおさまってきて、
なんか喉を通るかなぁ、とおもって、
固形物なんか食べようものなら、襲いくる、便意。
食べたら、必ず、下る。
食べたら、そのとき便意がなくても、
トイレの近くに30分ぐらいは張ってなければならないのです。
(必ず不意に襲ってきますので)


そして、固形物を食べたのに、出るのは、水のような便。
「さーっ」というか、「じゃーっ」っというか、
まあ、どっちでもいいんですが、
ですから、我慢なんかできないんですよ。
朝の通勤時の「ヤツ」ほうが、まだ、なんとかなるんですよ。(粘度の問題か?)
この昼飯後のやつは、手に負えません。
昼飯を食うところは、必ず、トイレが近くにあるところと決めております。
(それも、2箇所以上希望)


それが、断酒以来、好きなところで昼飯を食えるということです。
汚い話で申し訳ありませんでした!

自分の飲酒はコントロール不可能

7月26日日曜日から禁酒11日目


酒、飲んでません。
今日も、1日飲みません。(予定)
ですが、はんぱない、飲酒欲求というか、こう暑いと、
キンキンに冷えた生ビールが頭から離れません。
もっと、涼しくなってからやめればよかったかと…まあ、そんなこと言ってる場合ではないので、
ここは耐えます。生ビール。


主な症状、相かわらず眠りがものすごく浅く、寝返りの日々です。もう恐怖です。
頭痛、変な寒気、発汗。
ただ、飲んでなければ自分の体を酒にのっとられないですからね、心はわりかし、平穏です。(飲みたい以外は)



自分は、飲みだすと酔いつぶれるまで飲まずにはいられず、
まったく、自分ではコントロール不可能。
ほんとにそんな状態が嫌でいやで、だから、今、最初の一杯から遠ざけ、
断酒をしているわけですが。


以前、休日の昼下がり、それはそれは見事な青空。ゴールデンウイークのころでした。
その日は、知り合いと、ちょっとした用事&ランチの約束があり、イヤイヤ出かけてまいりました。
待ち合わせたのは、ファミレス。
祝日の昼ということで、店は家族連れやカップルでまあ、かるく満席状態。
席に案内され、適当に、サラダとパスタを頼む。食いたくもないが。
かなり、逡巡するも、追加で、生ビールを注文す。
あんまり、いい天気だから、こんな青空には生ビールだろ。祝日だし。


用事は、ほぼ、注文したものが来るより早く片付き。
あとは、適当に飯食って帰るのみ。
なんだけど、生ビールのジョッキが小さい。
ので、おかわりを注文。


で、瓶ビールのほうが、容量が多いんではないかということで、
瓶ビールに移行。


このあたりで、知り合いはランチを終え、コーヒーかなんか飲んでましたが、
いっこうに減らない俺のパスタとサラダを見ながら、
「まったく、昼からビールを水代わりに飲んでんじゃダメだよ」
「…。」
「パスタさめて、固まっちゃってるよ。」
「…。」
「もう、いくわ。」
「ああ。」
てな感じで。
伝票をのこし、去っていきました。


で、独りになったところで、
ウイスキーのロック(ダブルで)に変更(帰る気なし)。
ウイスキーを持ってきたウエイトレスが、
ちらっと、サラダと固まりつつあるパスタを見るが、
さすがにお下げしてよろしいでしょうか?とは言わない。


で、
ウイスキーのロック(ダブルで)を注文。
そんで、ふらふら、トイレに行って。
顔真っ赤で戻ってきて、


また、ウイスキーを注文しようとしたとき、
ウエイトレスいわく、
「当店ではこれ以上、1人のお客様にお酒をお出しすることが出来ませんので」
(定かではないが、確か、こんなことを言われた)
といいつつ。
サラダと固まったパスタを下げようとする。
(真昼間から店の風紀を乱す酔っ払い排除にでる店側)


…恥ずかしい。


…恥ずかしい、
けど、酔っ払ったときの常で、
一枚膜にくるまれている状態なので、たぶん、何もそれには答えず、自虐的にニタニタ笑っていたと思う。なんか誰にも聞こえないぐらいの声で、なにか言ったかも知れない。


最初は、飲むつもりもなかったし、一杯のビールでやめるつもりだった。
本当に、最初はそう思ってる。
でも、酒を飲めば飲むほど、酒に対して渇望が沸き、自分ではどうすることも出来ない。
そして、酒を飲む以外のことはどうでもよくなり、羞恥心も、常識も、なにもかにもどうでもいい。


酒の飲み方がおかしくなったのは

7月26日日曜日から禁酒9日目


酒、飲んでません。
今日も、1日飲みません。(予定)
暑いです。ビールを飲みたいです。


一週間ちょっと経過観察しておりますが、あいかわらず睡眠不足です。
いつになったら、改善されるのでしょう。
暑い日も続き、思うように、眠れません。
それと、断酒に関係があるのかわかりませんが、頭痛がします。
普段、頭痛はしないほうなので、やはりこれも断酒関係でしょうか?



自分が酒の飲み方がおかしくなったのは、10年ぐらい前だったと思います。
15年ぐらい前に、社内の異動で、営業職になりました。
それまで、自分は、製作系の仕事で、独り完結するような仕事をしており、営業にまわされるとは、青天の霹靂でした。
もちろん、営業的な適正はまったく持ちあわせておりません。
うちの会社の営業は人の入れ替わりが激しく、なり手もいないため、不況により仕事が減り、だぶついている製作の中から適正も考えず、営業に配置換えしていくというのが、そのころ頻繁に行われていました。
異動の時点で辞めてしまう人もいれば、営業に異動してから辞めていく人もいて、結局都合のいい人減らしです。
自分は、たとえ営業職にまわされても辞めるわけにいかず、ほとんど対人恐怖症のようなマイナス適正でありながら、なんとか営業として日々仕事をこなしていきました。
たぶんものすごいストレスを抱えていたのだと思います。
そこで、増えたのが、酒を飲む機会。
自分でも毎晩酒を飲むようになり、だんだん酒の量が増え。
それに追い討ちをかけるような酒の席。接待。飲み会。打ち上げ。季節のパーティ。
この仕事関係の酒の席というのは余計にストレスをためながら飲むわけで、必ず、そのあとまた一人で飲みなおすという悪循環。
アルコールを飲まないといれなくなるまで3、4年だったでしょうか?


思えば、仕事って何なんでしょうかねぇ?